オオバベニガシワ−大葉紅槲 (2000.4.9)
 Alchornea davidii


 オオバアカメガシワともいう。4−5月に真っ赤な葉の目立つ木である。お隣に植えてあるのが以前から気になっていた。通りがかりに見ると、小さなブツブツが枝に出ているので、庭を覗かせて貰った。
 雌雄同株で、写真の花は雄花である。雄しべが8本有り丁度蛸のように足を伸ばしている。雌花は赤く糸のように細い。
 学名はAlchornea davidiiで、トウダイグサ科オオバベニガシワ属である。

雌花(お隣、2006.4.16)


雄花



京都府立植物園で(2006.4.28)


木々のリストへ戻る