イヌエンジュ−犬槐 (2000.8.19)
 Maackia amurensis var. buergeri


 エンジュが円錐花序であるのに対して、イヌエンジュは複総状花序で花を付ける。一つ一つは穂状に見える。花は7−8月でエンジュよりやや遅れて咲く。類似の種に「ハネミイヌエンジュ」があるが、ハネミイヌエンジュが本州西南を中心として分布するのに対して、イヌエンジュは中部地方以北に棲み分けている。また、葉の感じが、イヌエンジュの方が丸く先端の尖りが少ない。花や葉の色もイヌエンジュの方が明るい。
 学名は、Maackia amurensis var. buergeriで、マメ科イヌエンジュ属である。別名をオオエンジュという。軽井沢で写した。





木々のリストへ戻る