ハクショウ−白松 (2000.3.10、2003.5.12)
 Pinus bungeana


 まだらの幹の針葉樹を見つけて、何の木かと近づいたら、松であった。
 「白松」は幹が白いので、中国では神聖な木とされる。その樹皮は、 若木では滑らかな淡灰色だが、大きくなると剥がれて、 その部分は淡青白色になる。
 葉は3個ずつ付く。クロマツは2個、五葉の松は5個であって、 松の葉の付き方には色々あることが解る。花は4−5月に咲く。球果は 5-6cmの楕円体で、翌年の秋に成熟する。
 学名はPinus bungeanaで、マツ科マツ属である。

葉は3本ずつが束になっている


5月、京大理学部植物園で。振ると花粉が勢いよく散った。



木々のリストへ戻る